嘘の求人情報が出ていることがある

求人情報はどこで探す?

求人情報の探し方は、主に3つです。公共の求人情報の探し方としては、ハローワークがあります。雇用保険の給付を受けたいときには、必ず登録が必要です。地元の中小企業の求人に強く、希望の企業への面接の予約を入れてもらうことができます。 自身のペースで多くの求人を見たいのであれば、求人サイトが向いています。看護師やIT企業、観光ホテルなど業界に特化したサイトもあり、ネットから簡単に応募可能です。転職エージェントは、費用を支払って就職を紹介してもらうシステムです。紹介できる就職先が豊富で、サポートが手厚いのが特徴です。キャリアアドバイザーに相談しながら就職先を決めることができ、履歴書の書き方や面接の指導も受けられます。

求人情報を探す際の注意点

求人探しは、求人票の閲覧が基本です。求人票には、労働条件や業務内容などがかかれています。しかし、実際とは異なる記載があることも珍しくありません。労働基準法は労働者に対して労働条件を書面で明示することを定めていますが、求人票に虚偽の記載をすることは違反にならないからです。職業安定法第65条には抵触しますが、虚偽性の証明が難しく効力を発揮していません。 特に多いのが、給与に関する嘘です。残業時間が短く書かれていたり、休暇日数が多く記載されていたりすることもあります。正社員の募集だったにもかかわらず、実際は契約社員だったなどということも起こります。求人票の嘘を見抜くには対象の企業が常に求人を出していないかを確認したり、ネットで評判を調べたりするなどの手段が有効です。

ワールドインテックの転職情報サイト「JOB PAPER」は、倉庫での軽作業や自動車製造などの求人が豊富です。ものつくりに興味がある人、黙々と作業できる仕事を探している人におすすめです。